国会議員が最低賃金制度への思い語る 労働組合の集会

国会議員が最低賃金制度への思い語る 労働組合の集会

 横浜市従業員労働組合の加盟するナショナルセンター「全労連」などが参加する国民春闘共闘委員会は2月10日、国会内で集会を開きました。与野党の国会議員が、全国一律化や1500円への引き上げなど最低賃金のバージョンアップについて、それぞれの思いを語りました。

自民党の後藤田正純衆院議員。最低賃金の大幅引き上げと全国一律制を求める集会に初めて参加した。「最低でも1500円に引き上げることが必要だ」と述べた(2月10日、国会内)

 自民党の務台俊介衆院議員(自民党最低賃金一元化推進議員連盟事務局長)は「コロナ禍で『東京一極集中』が是正されつつあるというが、国は地方間の格差を温存している。どこでも同じ最賃額にしなければいけない」と話しました。

 後藤田正純衆院議員(自民)は、最低賃金の集会に初参加です。「最低でも1500円に引き上げることが必要だ」と述べました。

 立憲民主党の末松義規衆院議員は、最賃問題を党内の社会保障調査会ワーキングチームで練り上げていくと報告しました。「(扶養家族の範囲内である)『103万円の壁』の解決も視野に入れる。最賃が1500円になれば経済効果が大きい」と言います。

 吉田統彦衆院議員(立憲)は自身の病院で賃金の下限を1500円にしたことを披露し、「労働者のモチベーションが上がり、労働生産性が上がったと感じる」と、最賃大幅引き上げの必要性を強調しました。

 このほかには、国民民主党の田中健衆院議員、共産党の宮本岳志衆院議員、れいわ新選組の大石あきこ衆院議員などが発言しました。

 組合からは、全労連の黒澤幸一事務局長が「労働者の約3割が最賃近傍で働いている。効果的な賃上げとして最賃の引き上げが重要だ」と春闘期の労働運動の強化を呼び掛けました。

トピックスカテゴリの最新記事