最低賃金

オピニオン

深まる危機のもと団結する春闘に 労働者・住民の要求を高く掲げて社会的運動を前進させよう

 2023春闘は、労働者のくらしが危機に直面している最中にたたかわれます。労働者の団結と共同で、大きな国民的運動となる条件があります。
トピックス

人事院勧告 非正規職員にはゼロ回答 初任給は生計費にまだ足りない

 会計年度任用職員賃金の抜本的な引上げを自治体当局に決断させるために、職員は、たたかわねばなりません。
トピックス

最低賃金 生活苦を解消する「同じ仕事には同じ賃金」の制度改定が必要だ

 地域別最低賃金の議論が始まるのを見越して、横浜市従業員労働組合も参加する国民春闘共闘委員会は4月...
トピックス

最低賃金「引き上げるべき」が4割こえる 中小企業の調査

 日本商工会議所などが4月5日、最低賃金や賃上げに関する調査結果を発表しました。2022年度の最賃...
トピックス

国会議員が最低賃金制度への思い語る 労働組合の集会

 横浜市従業員労働組合の加盟するナショナルセンター「全労連」などが参加する国民春闘共闘委員会は2月...
トピックス

外国人技能実習制度 なんとしても今年のうちに廃止したい

 1993年に始まった外国人技能実習制度。少子高齢化によって労働人口が減少を続ける日本では、実習生...
トピックス

労働組合が要求しなければ何も始まらない 国民春闘

 1月12日に開かれた国民春闘共闘委員会の単産・地方代表者会議(都内・オンライン併用)。出席者は「...
オピニオン

深刻化する危機の下 国際連帯と団結の力で 巨大資本とせめぎあう労働者 ダイジェスト2022春闘方針(案)

 1月13日、中央執行委員会は「横浜市従2022年国民春闘方針(案)」を提案しました。春闘方針は、...
トピックス

【転載】賃上げを可能にするのは団結と統一行動だ 個人の技能証明ではない

 2020年2月、建設政策研究所は30周年記念事業の一環として海外視察「労使関係と労働協約の歴史・...
オピニオン

新型コロナ禍で強まる公正な社会への胎動 特集2021年度方針(案)

 6月3日、中央執行委員会は「2021年度運動方針(案)」を提案しました。支部代表者会議を経て、7...